金名の郷頭

世界初と思われるアーチ式ダム

神谷川の支流になる金名川の中流にある世界初と思われるアーチ式の水量調整のためのダムで、江戸時代の中頃になる天保11年(1840)、豪雨で上流の池が決壊したときの大水をここでくいとめたとの伝承が残されています。

郷頭のある金名地区は急な勾配に集落が密集する地域となっており、防災を考えると極めて重要な構造物だったことが想像されます。

1800年頃に整備されて以降、ダム上の道は常・金丸と府中を結ぶ生活道として使われ、郷頭の語源は、府中から金名地区に入る郷(里)の頭(入り口)といった意味だと伝えられています。

長さ8.7m、高さ7.8mの全体は花崗岩の石組で、強度の高い打ち込み接ぎの乱積みで積み上げられており、後にかさ上げされた上部の1メートル部分のみが谷積みで組み上げられています。 川底部分は上流も下流も隙間なくビッシリと自然石が敷き詰められ川底の浸食対策がされています。

郷頭の下流の北側のり面は崩落防止のため竹が植えられており、その景観は郷頭の石組と流れ落ちる水の音と相まって、心落ち着く和の風情を醸し出しています。

郷頭へは金名集落からでは道も細く、車も駐車できるスペースがない為、県道金丸府中線まで行き、府中方面へ200m程度進んだところにある看板に従い駐車場まで進んでください。
駐車場からは、歩いてすぐになります。

地元自治会により休憩所やトイレなど、よく整備されていますが売店や自動販売機などは近隣も含めてありませんので、水筒などを持参してください。

広島県福山市新市町常 Googleマップ