大滝の名水
大滝神社の境内に湧く単純弱放射能冷鉱泉で、以前は浴場も造られていました。
関が原の合戦の際にも落ち武者が、ここの水で湯治された記録が残っています。
現在は地元のご苦労で水汲み場が整備され、近郊はもとより遠方からも多くの人が水を汲みに訪れています。


鳥居


大滝神社は、大きい神社ではありませんが名水とともに地元の人に親しまれてきました。



温泉分析書




現在では地元の方々により、水汲み場も整備されています。
水の利用料金は設備維持に使われています。