十字羨室の古墳
新市町常の芦浦地区にあり、一辺約12mの八角形墳です。
花崗岩切石で構築された羨室が十字になっており全国的にも珍しい古墳です。


羨室入り口


一辺約12mの八角形墳です。
埋葬施設は花崗岩切石で構築された横口式石槨で、羨道の奥に方向をかえて三基の石槨が設置された、極めて特異な構造をしています。
石槨は花崗岩切石の1枚石が巧みに組み合わされて構築されており、石槨と羨道の境には扉石設置のためと見られる加工が施されれています。壁面全体には漆喰が塗られていたとみられ現在でも随所で観察でき、その一部には同心円状の叩き目も認められます。石室全面には敷石が敷かれています。
石槨の規模は、羨道+中央石槨で長さ6.68m、東石槨+西石槨は長さ4.6mで、中央の石槨は長さ1.68m, 幅1.16, 高さ1.15mの規模です。

(日本古墳大辞典:東京堂出版)


入り口より奥方面です。

十字であることがわかりやすい角部分です。

奥から見た入り口です。